二重の幅を広げる方法!まずは自力で試したい二重まぶたケア

二重の幅を広げる

 

最初に会った時の第一印象で、その人の印象が決まるといわれています。

 

メガネをかけていたとしたら、勉強ができそうで、まじめなイメージに

 

パッチリ二重の目が大きい印象だったら、可愛いくて明るいイメージ

 

厚ぼったい奥二重や一重だと、表情の変わらない性格のきつそうなイメージなど

 

目元は第一印象を左右すると言われている重要な部分です。

 

とくに人は相手の目元を見ることで、感情を読み取ります。

 

目が小さくて感情を読み取れないと、相手は不安になってしまう事があるんです。

 

少しでも自分の印象を良くするためにも自力で目をクッキリと表情のある

 

目元にしたいと思いませんか?

 

 

自力でできる二重幅を広げるためのまぶたケア

二重の幅を広げる

 

二重の幅を広げるために大事なことは、まぶたをケアしていくこと

 

厚ぼったく固いまぶたは二重の幅を変えるのは難しくなります。

 

まずはクッキリとしたまぶたにさせるのに、まぶた周辺の筋肉を鍛えていきます。

 

まぶた周辺の筋肉を鍛える

 

まぶたをおもいっきりつぶってから、眉毛が上がるくらいに目を大きく見開いていきます。

 

これを何度か繰り返して、慣れてきたら眉毛を動かさずにまぶただけを、開けるようにしていきます。

 

次にまぶた周辺のマッサージをして全体的にまぶたを引き締めます。

 

まぶた周辺のマッサージ

 

部分的に引き締しめるのではなく、周りから全体的に引き制めることによって

 

中心の目をスッキリとさせていきます。

二重の幅を広げる

 

まずは、頬骨あたりを手を広げて指の腹を肌に当て円を描くように、下に引きながらマッサージをしていきます。

 

次にこめかみ辺りを指の腹で、円を描くように外側に引きながらマッサージをしていきます。

 

最後に眉毛の辺りを円を描くように眉毛を上に引き上げるようにマッサージをしていきます。

 

ここまで、やると少しまぶたがスッキリとしてきていると思います。

 

最後にまぶたのマッサージをしていきますが、まぶたの皮膚は薄くて傷つきやすいので、

 

マッサージといっても、まぶたを軽く撫でるようにしていきます。

 

まぶたのマッサージ

 

保湿クリームや美容液、まぶた専用の美容液などを付けながらだと、撫でやすくなります。

 

目頭から目尻まで指の腹で、軽く撫でていきます。

 

目尻にきたら斜め上にキツネ目になるように引っ張り上げていきます。

 

目尻を引き上げることで二重にさせやすいまぶたを作っていきます。

 

さらにまぶたを柔らかくするのに、お風呂上りなど、まぶたが温まっている時の方が効果があります。

 

また、朝方などで、気温も低くて、血行が悪い時にやるのも効果的です。

 

二重の幅を変えていくのは

二重の幅を広げる

 

まぶたをスッキリさせて二重の幅を変えやすくなったとはいえ、自然に幅が変わるわけではないので

 

幅を変えるクセを付けていかなければなりません。

 

普段はアイプチなどの肌用の接着剤で二重にさせている方も多いと思いますが、

 

強引に肌を接着剤でくっつけて二重にさせるのではなく

 

自然に仮の二重を作るようにして、できた二重ラインにを接着剤で止めるようにすることで

 

伸びたりしない、自然な二重の幅を作っていきます。

 

アイプチなどの安価な接着剤の成分はゴムラテックス。

 

長時間付けていると、荒れや腫れたり、さらにはまぶたが伸びてしまうこともあるので、

 

少し値段は高くなりますが、美容成分配合の接着剤を使っていきます。

 

二重美容液にはまぶたを引き締める成分やかぶれを抑える成分が配合され

 

接着成分も肌に負担のないコポリマーを使っていいるのが特徴となります。

 

長い時間付けていても肌に負担がないので、夜に塗って寝ている間でもクセ付けができるんです。

 

寝ている間に二重のクセが付くの?

二重の幅を広げる

 

まぶたをつぶっていても二重の線は付くのって疑問に思うかもしれませんが

 

二重の人はまぶたをつぶっていても薄っすらと線は残っているんです。

 

二重を接着させる際に、あまり線の幅を広げてしまうと、寝ている時に半目状態となり

 

取れやすくなりますので、まずは少しずつの無理のない幅から始めてみることです。

 

まぶた全体をケアしつつ、幅を変えた自然な仮の二重ができたら二重接着剤で止めてクセを付けていく。

 

時間はかかるかもしれませんが、自力で二重の幅を変えることができます。

 

早く二重の幅を変える方法はないの?

二重の幅を広げる

 

まぶたの状態は人によって変わってきます。

 

簡単に幅を変えられる人もいれば、二重にさせる事すら難しいという方のために、まぶたを大きくみせる

 

美容液配合のまぶた全体に皮膜を作り出すことができる美容液もあります。

 

これなら一重まぶたや奥二重の方でも、目をクッキリとすることができます

 

ただし、二重にさせる事ではないので、あくまで大きくみせるだけになります。

 

残念ながら一重と二重の方には決定的な違いがあるんです

 

二重の方のまぶたの筋肉の筋が二重になるように2つに枝分かれしているそうです。

 

一重の方はこの枝分かれした筋肉が1本しかないために二重にさせる事ができないのです。

 

一重の方や奥二重の方で、早く二重にさせたいという方は埋没法のプチ整形がおすすめです。

 

腫れない、バレない、戻らない、人気のプチ整形の二重埋没法とは

二重の幅を広げる

 

埋没法とはまぶたに糸を埋め込んで、二重まぶたを作る手術です。

 

目を開けるときに動く筋肉と皮膚を糸によって連結し目を開けるときに皮膚が引っ張られて二重になります。

 

手術は通常ですと、皮膚に1o程度の穴を開け、そこから糸を埋め込み手術を行います。

 

手術は10分から20分ぐらいで終わるので、プチ整形として人気があります。

 

埋没方には種類があり自分の目に合った埋没法で行うクリニックで手術することがおすすめです。

 

埋没法では選ぶ際のポイントとしては

 

腫れにくさ、戻りにくさ、バレにくさ、料金がポイントとなります。

 

値段が安いと、腫れたり、戻ってしまう、バレやすいなんてこともあるで

 

二重手術の症例が多いクリニックを選んで、1度相談されてみてはいかがですか

 

まとめ

 

二重の幅を変えるには、まずはまぶたのケアをして

 

自然な二重にさせられるようになってから、クセのつけやすい

 

二重美容液を使用するのがおすすめです。

 

二重美容液だと時間がかかるし、本当に二重になるのか不安という方には

 

二重のプチ整形に相談に行ってみてはいかがですか