まぶたのたるみを解消する30代からアイプチを使ってみた

まぶたのたるみ

 

30代になってから、まぶたのたるみが気になる方は結構いるそうです。

 

20代では、気にならなかった、まぶたのたるみも

 

30代になってくると肌質の変化や水分量の低下とともに重力に逆らえずに

 

まぶたのたるみが気になりだします。

 

まぶたがたるんでいるのに対して目を見開こうとするには、おでこの筋肉を使うので、

 

シワになりやすく、しかも肩に力が入るので首のコリや肩コリにつながり

 

ひどくなると、頭痛やめまいなどに発展する事があるようです。

 

そこで、まぶたの引き上げアイテムとしてアイプチを使っていきます。

 

まぶたのたるみの解消にアイプチを使用

まぶたのたるみ

 

アイプチを塗ることで、まぶたのたるみを解消し、目を大きく見開いて、

 

まぶたの見えずらさを改善させて、まぶたのたるみも解消させていきます。

 

ただしアイプチなどの安価なものは接着剤にゴムラテックスを使用しているため、

 

長時間の継続的な使用には、まぶたが荒れたり腫れを起こす可能性もあるんです。

 

そこで、おすすめしたいのが、美容液を配合した、二重まぶた専用の二重美容液なんです。

 

二重美容液には長時間付けていても肌に負担がないように

 

荒れや腫れなどを抑える成分やむくみを軽減させる成分を配合し

 

さらに肌に負担の少ない接着成分を配合しているので、長時間付けていても肌への負担を軽減させてくれるんです。

 

二重美容液でもいくつか売られていますが、30代の私が試して、

 

まぶたを引き上げることができた、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

 

まぶたの引き上げに成功した、おすすめの二重美容液

 

ナイトアイボーテ

まぶたのたるみ

 

二重美容液に接着剤を配合した二重クセ付け専用の美容液です。

 

夜に塗って寝ている間に二重のクセ付けをさせる二重まぶた専用の美容液

 

長時間付けていられるのは、ボタンエキスやアルテア根エキス、フユボダイジュエキスなど

 

まぶたのために作用する美容成分が配合されたいるからなんです。

まぶたのたるみ

 

メリット
長時間でも付けていられる美容液成分を配合しているので、

 

肌への負担が少なく、夜、寝ている間でも塗って二重のクセ付けをさせられます。

 

デメリット
美容成分を配合している分、割高になり、他と比べると量が少ない

 

すでに二重の方で、まぶたの引き上げに使いたい方には、すぐに実感ができますが、

 

二重にさせたいような方やまぶたの浮腫みやまぶた全体を引き上げたい方には

 

塗る箇所も部分的なので、物足りないかもしれません。

 

二重記念美

まぶたのたるみ

 

美容液に接着剤を配合した二重まぶた専用の美容液です。

 

容量も多いので、たっっぷり使いたい方にはおすすめです。

 

メリット
ナイトアイボーテの3mlに対して二重記念美は8mlと容量も多くなって接着力も強力とのことです。

 

実際には接着力は他商品とは変わりがないように思えましたが、

 

容量を気にせずに、塗れます。

 

接着成分も肌に優しいコポリマーを使用しています。

 

デメリット
フラーレンなども配合していますが、ほかの美容液に比べると

 

安価な分、美容成分は種類が少なめです。

 

若干、塗った箇所が光ってバレやすいかなと思いました。

 

ミセルDライン

まぶたのたるみ

美容液と二重美容液が別々になりますが、美容液を購入するとミセルグルーがもらえます。

 

というより、必ず付いてくるので、セット販売のようです。

 

美容液は夜、寝る前に二重にさせたいまぶたに塗っていき、朝起きてから、二重にならないときは

 

二重接着時のミセルグルーを塗って二重まぶたを作っていきます。

 

メリット
接着剤とは別なので、二重まぶたの状況に合わせて、使い分けることができます。

 

ミセルグルーだけの単品は購入できます。

 

デメリット
美容液は二重まぶたのクセ付けをする箇所にしかぬらないため、美容液なのに全体的なケアができません

 

リッドキララ

まぶたのたるみ

 

まぶた全体に美容液を塗ることによで、引締め効果のある成分やむくみを抑える成分などを配合しているので

 

内側からまぶたを引き上げに効果的な成分を配合しています。

 

さらに塗った液が乾燥させると皮膜になるために、まぶたを引き上げて目をクッキリとすぐに実感できます。

まぶたのたるみ

メリット

 

まぶた全体のケアをしながら、乾燥すると被膜になるので、目が大きくなるのを実感することができる。

 

まぶた全体の引き上げのため一重や奥二重の方でもクッキリとさせることができる。

 

デメリット
全体的に塗るため引き上げ感はすぐに実感することができるが、二重にさせたり二重の幅を変えることはできない

 

まとめ

 

30代になってまぶたのたるみが気になていたので、10代から20代前半に使っていた

 

アイプチを、まぶたを引き上げるのに再び使用してみました。

 

薬局やドラッグストアーなどで、売られている安価なアイプチだと

 

かぶれや荒れが心配なので、美容成分配合の二重まぶた専用の美容液を使用しています。

 

二重美容液にも目的やまぶたの状況によって種類があるので、

 

私が最近、使用した中で、おすすめだった美容液をランキングにしてご紹介しました。

 

印象は目もとで変わるので、たるんだまぶたをクッキリとさせてみてはいかがでしょうか!